ウィーン・サロン・オーケストラ

壮麗、優美、華麗・・・薫り高きウィーン伝統の
音楽で晴れやかな新年が幕を開けます!

ウィーン・サロン・オーケストラ (管弦楽)

1994年ウド・ツヴェルファーのもとウィーン・フォルクスオーパー交響楽 団のメンバーらにより結成された。世界中からウィーンを訪れる人々に本 物のウィーン音楽を、本場の雰囲気で、一流の音楽家たちによる演奏で提 供しようとの狙いのもと設立。
レパートリーは、ウィーンを代表する作曲家であるヨーゼフ・ランナー、シュ トラウス一家、 カレル・コムザーク、カール・ミヒャエル・ツィーラー、フリッ ツ・クライスラー、エメリヒ・カールマン、フランツ・レハール、ロベルト・シュ トルツなどの序曲、ワルツ、ポルカやマーチ。またヨハン・シュトラウス2世 の代表的なオペレッタ「こうもり」「ジプシー男爵」「ヴェネツィアの一夜」 「ウィーン気質」、レハール「メリー・ウィドウ」、カールマン「チャールダー シュの女王」「伯爵令嬢マリツァ」、カール・ツェラー「小鳥売り」、ミレッ カー「乞食学生」「ガスパローネ」などからの有名なアリアやデュオなど、 非常に幅広い。
ウィーンの伝統音楽の継承にも力を注ぐ一方で、アルバート・ウィリアム・ ケテルビー、ルロイ・アンダーソンなど新しい作曲家の作品も意欲的に取 り上げている。主なレパートリーは19世紀初頭の伝統音楽にしっかり根ざ している中で、聴衆が求めるプログラムには柔軟に対応。ミュージカル、映 画音楽、ダンス音楽、民族音楽などプログラムは多岐にわたる。
ランナーやヨハン・シュトラウス一家の伝統を継承し、ウド・ツヴェルファー がヴァイオリンと指揮の弾き振りをするスタイル。演奏者同士の緊密なコ ミュニケーションと楽しげな演奏スタイルは、聴衆をも幸せに満たすような 抜群の雰囲気でホールを包み込む。
ウィーン楽友協会ホールの他、ホーフブルク宮殿ホール、国立図書館ホー ル、ウィーン証券取引所祝祭ホールなど、ウィーン各地でコンサートを開 催。1998年以降、ウィーンにおいて年間300回を超えるコンサートを開催 するなど、抜群の人気を誇っている。
2001年由緒あるウィーン・クアサロンがリニューアル。ウィーン・サロン・ オーケストラは、ヨハン&エドゥアルト・シュトラウス、フランツ・レハール、 ニコ・ドスタルなどが演奏を行ってきたこの伝統のホールを拠点とし、聴 衆、批評家たちから圧倒的な支持を得ている。これまで度々日本ツアーを 行い、2004年には、中国、またカリフォルニア・ロング・ビーチでも公演を 行い、大好評を博す。

ウド・ツヴェルファー (音楽芸術監督・コンサートマスター)

ウィーン生まれ。ウィーン国立アカデミー(現ウィーン国立音楽大学)、及び ウィーン市立音楽院(現ウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学)に 学ぶ。在学中より、多くの著名な芸術家たちと数多くの演奏活動を行い、 ウィーンをはじめ、フランス、イタリア、チェコ、クロアチア、韓国、台湾、中 国、アメリカ、日本等への演奏ツアー等、精力的に活躍している。1980年 に、フォルクスオーパー・ウィーンの第1コンサートマスターに就任。1994 年、フォルクスオーパー・ウィーン所属のオーケストラ奏者で構成された、 “ウィーン・サロン・オーケストラ”を設立。1999年には、ウィーン・クアサ ロン(かつてヨハン・シュトラウス2世が自ら演奏し活躍した、ウィーンに於 ける彼の本拠地であった歴史的施設)の現支配人であるS.ススニヤーラ とオーケストラのコーポレーション契約を交わし、同オーケストラの演奏活 動を本格的にスタートさせた。ツヴェルファーは、初代音楽芸術監督に就 任、同時にコンサートマスターとしてオーケストラを率い、現在までに、オー ストリア国内外にて4000公演以上のコンサートを成功させている。
使用楽器は、1774年のイタリア・ナポリ製、トマソ・エーバレ社のヴァイ オリンである。

高見 信行 (トランペット)

1979年岡山県矢掛町生まれ。2003年、東京藝術大学音楽学部を、2009 年にベルリン“ハンス・アイスラー”音楽大学を経て、ロストック音楽大学 大学院を最優秀にて修了。ドイツ国家演奏家資格(マイスター)取得。
第75回日本音楽コンクールトランペット部門にて第1位受賞。第19回日本 管打楽器コンクールトランペット部門第2位受賞。
福武教育文化振興財団より第9回文化奨励賞(2008年)、エネルギア文 化スポーツ財団より第23回エネルギア音楽賞(2017年)受賞。
ソリストとして東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管 弦楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団、ライプツィヒ中央ドイツ室内 フィルハーモニー、ライプツィヒ州立吹奏楽団、フォアポーメルン州立歌劇 場管弦楽団など国内外の様々なオーケストラと共演。
音楽祭オーケストラメンバーとして、サイトウ・キネン・フェスティバル、小 澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅢ、札幌PMF、シュトゥットガルト国際バッ ハアカデミーフェスティバル、別府アルゲリッチ音楽祭、東京藝大シンフォ ニア英国公演などに参加。
今までに、ライプツィヒ中央ドイツ放送交響楽団、ライプツィヒ歌劇場管弦 楽団首席奏者、シュトゥットガルト・バッハ・コレギエムに契約団員として 在籍。
2013年秋、10年間のドイツ滞在を経て、本拠地を日本に移し活動を開始。 現在、横浜シンフォニエッタ、岡山フィルハーモニー管弦楽団各団員、(一 財)地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト、洗足学 園音楽大学非常勤講師。2015年2月に東京と岡山にてB→C高見信行ト ランペットリサイタル、2017年3月岡山ルネスホールにてリサイタルを開催 し、好評を博す。http://conmoto.jp/takami/Bio.html

2018/1/10(水) 18:30~  岡山シンフォニーホール
全席指定 6,000円(5,000円 ※2枚まで会員料金)
ペア席 10,000円 ※岡山音協でのみ販売

※チケット購入方法をご覧になりたい方は「チケット購入方法」ボタンをクリックしてから“CLOSE”ボタンをクリックして下さい。